メリーダイヤの歯科用ダイヤモンドバーは、優れた切削性・耐久性を持つダイヤモンドインスツルメントとして、歯科医の先生方より高い評価をいただいています。

ISO認証 個人情報保護方針 サイトマップ
一般医療機器 製造販売業 13B3X00256




































目盛付きインレー形成用ダイヤモンドバー マーク"marked"

   


 包装単位: 5本入り,10本入り/ケース  

特徴
近年、CAD/CAM冠やジルコニアインレーといった審美性に優れた歯冠修復物への要望が多く、歯冠形成およびインレー窩洞形成にはより精度の高い形成技術が求められています。
従来から歯冠の軸面形成においては、ダイヤモンドバーの直径を目安として削除量を決定してきましたが、インレー等の内側性窩洞においては、見えにくい垂直方向の深さの基準をバーの長さの半分や2/3といった、甚だ曖昧な目安で形成が行われてきました。
そこでバーのダイヤ部に直接目盛を付けることで窩洞の垂直方向の深さを測りながら形成できるセラミックスインレー用ダイヤモンドバー「マーク」を開発しました。
「マーク」はバーの先端隅角を丸めたコーナーズラウンデッドテーパーで、ダイヤ部先端から2.0mmの部分に0.5mm幅の黒色目盛をレーザー印記しています。この黒色印記部を目安とすることで、インレー窩洞を1.5〜2.0mmの均一な深さで形成できます。また、インレー2級窩洞の隣接面ボックス形成の折にも、黒色目盛上部がバー先端から2.5mmに位置することから、これを目安に直視できない部分の形成にも有効です。
さらに、軸面の丈が短いCAD/CAM冠や金属冠などの維持形態が必要な症例にも、コーナーズラウンデッドテーパー形態の「マーク」は効力を発揮します。2mm〜2.5mmの目盛を目安にすることによって、過不足なく精度の高いグルーブやホールを形成することができます。
 植松歯科医院 植松厚夫先生

使用例
■電話でのお問い合わせ


営業時間:8:00〜19:00

■メールでのお問い合わせ


ホームメリーダイヤの特徴メリーダイヤの製品規格製品案内よくあるご質問会社概要・展示会履歴ISO認証取得お問い合わせフォームご注文方法個人情報保護方針サイトマップ
Copyright © HinatawadaSeimitsu MFG.Co.,Ltd. All rights reserved. Admin by Adart
PAGE TOP ▲