メリーダイヤの歯科用ダイヤモンドバーは、優れた切削性・耐久性を持つダイヤモンドインスツルメントとして、歯科医の先生方より高い評価をいただいています。

ISO認証 個人情報保護方針 サイトマップ
一般医療機器 製造販売業 13B3X00256







優れた強度と回転精度がメリーダイヤです。

バーに振れがあると...

ダイヤモンドバーを高速回転させた状態でダイヤ先端部を撮影した写真



滑らかな形成面が得られません。
高速回転させたバーに振れがあると、バーの微小な振れが形成面を叩くこととなるため、切削時に患者様への振動が大きくなるばかりでなく、均一な形成が行えません。また、バーの寿命も短くなります。

ハンドピースの軸受け部(チャック)を傷めます。
振れの振動がハンドピースの軸受部直接伝わってしまうため、チャック故障の原因となります。

メリーダイヤは高い回転精度を実現

弊社はバーの製造工程に、他社にはない3つの工程を追加することで、強度を高めるとともに振れを3ミクロン以内に抑えた、より精度の高い製品を製造しています。

メリーダイヤの特徴

滑らかな形成・優れた耐久性。

滑らかな形成・優れた耐久性
軸振れが非常に少ないため、ダイヤモンド粒子が切削面を均一に削ります。歯に余分な振動を与えることがなく、滑らかな形成面を得ることができます。
また、ダイヤモンド粒子が片減りすることがないので、バーの切れ味が持続します。



精度の高い形成が可能

メリーダイヤの支台歯形成用バーは、ダイヤ粒子の大きさが変わっても同じ径となるように、母材径を計算して作られています。ダイヤ粒子ミディアムで形成した後、同型番の仕上用ファインを使用すれば形成量は均一なまま、形成面を滑らかに仕上げることが可能です。
研削加工により高い精度で仕上げられた当社のバーは製品ごとのばらつきがないため、常に同じ感覚で切削を行っていただけます。

ハンドピースが長持ちする

高速回転で軸振れを起こしにくいので、ハンドピース軸受け部(チャック)の損耗を防ぎ、ハンドピースを長持ちさせることに繋がります。

ロングシャンク、Mへの挑戦

優れた強度と回転精度により、下記の製品開発が可能となりました。
・全長29mmのロングシャンク(p.1)
・全長が長くダイヤ部が小さい MI用、顕微鏡下形成用(p.17-20)
・非常に細い先端径 0.18 mmのIPR用バー(p.29)
その他 2000種類以上のラインナップにて、歯科医師のニーズにお応えしています。

■電話でのお問い合わせ


営業時間:8:00〜19:00

■メールでのお問い合わせ


ホームメリーダイヤの特徴メリーダイヤの製品規格製品案内よくあるご質問会社概要・展示会履歴ISO認証取得お問い合わせフォームご注文方法個人情報保護方針サイトマップ
Copyright © HinatawadaSeimitsu MFG.Co.,Ltd. All rights reserved. Admin by Adart
PAGE TOP ▲